臭いに関するヘアトラブル

ウエットティッシュが役に立つ

髪の毛に臭いが着いてしまった時の簡単な対処法は、ウエットティッシュなど濡れたものを使ってパッティングする方法です。ウェットティッシュを持っていなければ、ハンカチやタオルを少し濡らして使うのも良いでしょう。臭い自体はこれでとることができますが、注意しなくてはけないのは、そのまま生乾きの状態の髪にしていると逆に再び臭い分子が付着しやすい状態になってしまっています。ですから本当は、拭き取った後ですぐにその髪の毛を乾かす方が良いのですが、北生駒 美容室ドライヤーでもない限りそれは出来ないので、拭き取った後はふたたびその臭いのある場所に戻らなくても良いタイミングでパッティングする方が良いかもしれませんね。もしくは、少しパッティングしたあとには、濡れた髪が少しでも風に当たりやすい所に行くなど、工夫するとよいでしょう。焼肉から帰宅したけれどもすぐにはシャンプーできない、と言う場合などには、とりあえず拭き取っておくことで、随分と臭いは気にならなくなるはずです。焼肉屋などの臭いの強い空間に行くことがあらかじめ分かっているときには、ウエットティッシュなどパッティングの出来るものと、風を起こす事ができる扇子などを持参しておくのが対策として役に立つかもしれませんね。
臭いが発生しやすい空間では、飲食店などでは換気扇や空気清浄機が使用されている事があるでしょう。そのことからもわかるように、臭いというのは風で飛ばすことができます。つまり臭いの分子を風で飛ばして、髪の毛に付着しない様にすれば、髪の毛には臭いが着かない事になります。かならず換気扇や扇風機、空気清浄器などが設置してあるとも限りません。うちわや扇子を持参する、というのも一つの手でしょう。またついてしまった臭いを飛ばすのにも、風は効果的です。臭いが着いた髪の毛にドライヤーをあてると、それだけでもずいぶんと臭いを除去することができます。ドライヤーをあてる時には、表面の髪の毛ではなくて、内側の髪の毛にも風を当てた方が良いですね。匂い分子は髪の表面ならどこにでもつきますから、内側の髪の毛にも付着している可能性がありますからね。臭いが着いてしまったけれども、いまこの場所ではドライヤーをかける事は出来ない、と言う時には、なにか仰ぐもので髪の毛に風をあてるだけでも少しは違います。予防のためにうちわや扇子を持っていない、と言う時には風通しの良い席にいるだけでも違うかもしれません。臭いは風や空気の流れで自分から遠ざけることができるのだ、と言う事を知っておくと対応がしやすくなりますね。