臭いに関するヘアトラブル

体を酸化させる原因は避けていく

人にとって酸素は必要不可欠なものです。でも過剰な酸素は体内では毒として働いてしまい、体を蝕んでいきます。過剰な酸素は活性酸素となり、体を錆びさせていき様々な老化現象を引き起こしていきます。体内で高田馬場 美容室活性酸素を生み出す原因となるものが紫外線です。体は紫外線を浴びるとメラニン色素で体の色が変わりますが、それは活性酸素の働きによるものです。メラニンはシミの原因となり肌の老化現象を促進させていきます。また紫外線を浴びることで肌にはシワができますが、これは活性酸素の働きで皮膚から弾力が失われたことによります。年齢を重ねるだけでなく、常日頃から紫外線を浴びているといった人は特に深いシワができてしまい、通常のスキンケアでは元に戻すことはできません。活性酸素は肌から水分や弾力を奪い取っていき、肌年齢はどんどんと上昇していきます。肌を老化させる酸化現象ですが、紫外線からもたらされるとは限らず、日常生活のありとあらゆるところで体の錆びる原因が潜んでいます。ストレスやアルコール、タバコによっても体は錆びていきます。体を酸化から守ってくれる抗酸化作用のある食品はたくさんありますが、それ以前にストレスをためない、飲酒は適度に、タバコは吸わない、外出するときには紫外線対策を行うといったことで防ぐこともできます。どれも心がけひとつでどうにかなることですので、体を酸化させる原因となるものを極力避けて行く生活を送ってみると肌の若さも保つことができます。体の美容と健康のためには、体の中に溜まってしまった毒素や老廃物を流してあげる必要があります。そのために日々のリンパマッサージが必要になってきます。女性は男性に比べると筋力が足りないこともあるためどうしても毒素が体に溜まりやすくなります。体に溜まった毒素や老廃物は、消化器系の働きを妨げたり、肌荒れ引き起こしたり、セルライトを作ったりします。どれも美容には良くないことですので、リンパマッサージで毒素の排出が必要になるということです。リンパマッサージで重要なことは鎖骨のリンパをまずは流してあげるということです。ここは流れが悪くなりやすく、顔のむくみなどを取るときに必ず流れていく場所です。鎖骨部分のリンパの流れが悪くなっていると、顔から流れてきた老廃物が上手く流れてくれなくなってしまいます。だからまずは鎖骨のリンパを刺激してあげます。浮腫みが最も溜まりやすい場所は足元です。ふくらはぎはむくんでしまうと足がパンパンに膨らんでしまうのと同時に、本来足元の血液を心臓に流すポンプの役目を果たしている効果が無くなってしまいます。そうして血液が流れにくくなり、浮腫みが溜まりやすくなるのです。足の付け根と膝の裏部分にリンパ節がありそこを通って老廃物が流れますのでまずはこの二つを刺激してあげましょう。足のマッサージは特に毎日行っていくと冷え性の改善にもつながっていきますので、時間をかけてしっかりとマッサージをしてみてください。