臭いに関するヘアトラブル

髪をコーティングする

臭いを髪の毛に付けない方法として、髪の毛を匂いのある空気に曝さない、と言う方法がありますが、御徒町 美容室場によっては帽子を被ったりスカーフをかぶったり、と言う事が不適切な場面も有るでしょう。そういう時には、髪の毛自体をコーティングする、と言う方法も有ります。要するに髪の毛の小さな穴をふさいでおけば、臭いの分子は附きにくくなりますからね。色々なヘアケア剤があると思いますが、コーティング剤やスプレーなどを髪につけておくと臭いそのものも付着しにくくなると同時に、臭いの分子を中和させて、臭いを分解してしまう効果がある物も有りますから、試してみるとよいでしょう。そうはいっても完全に防御できるわけでも、臭いが除去できるものでもありませんから、もしも帽子やスカーフをしてもかまわない場所であるならば、両方で対処する方が良いでしょうね。またそのようなヘアケア剤を使用した上で、髪をひとまとまりにするスタイルにしておくのも効果があるでしょう。ただ臭いが着きにくくなっていたから、といって安心してはいけません。やはりそのような臭いのきつい場所に行った時には、きちんとシャンプーをする事で、臭いを完璧に除去することができますから、かならずシャンプーで洗い流すようにしましょう。
ものの臭いの構造と言うのは細かい分子です。その分子が髪の毛の穴に付着する事によって髪の毛が臭う、と言う現象が起きる訳です。ですから、その臭い自体を髪に付着させたくない、と考えるならば、髪の毛の穴に臭いの分子が着かない様にするしかありません。その一つの方法としては、髪の毛の穴を隠しておく、つまり髪の毛を何かで覆って空気に触れさせない、と言う方法があります。具体的に言えば、帽子をかぶる、スカーフをかぶる、などですね。そうすれば、髪の毛が空気に触れる面積がかなり狭くなります。極端な方法ですが、シャワーキャップをかぶって髪の毛を全部その中に入れておくとかなり完璧に近い防御方法になるでしょう。でもそんな恰好をして焼肉を食べるのはおかしいですよね。せめて出来る事と言えば、バンダナを被るぐらいなら、ひとつのファッションにもなりますし、おかしくは無いでしょう。また長い髪の人は、髪をまとめておく事もかなり臭いの付着を防ぐことができるでしょう。最悪なのはロングヘアをそのまま伸ばしている場合です。食べる時には髪がなびくのも感じの良いものではありませんから、お団子へあにしてまとめておくとか、編み込みにしておくと、感じも良いし、臭いの付着防止になります。