臭いに関するヘアトラブル

出掛けにシャンプーをする

焼肉屋さんなど、臭いの付きそうな場所に行くことが明らかに判っているときには、出かける前にシャンプーをする事でも臭いの付着を減少する効果があります。逆に言うと、髪の毛が汚れた状態だったり、皮脂が多い状態だと、臭いの分子が付着しやすい環境になっているのです。よくカーペットの掃除をする時にガムテープを使いますよね。ガムテープの粘着面は、べたべたしていてそこに細かい汚れがくっつくからです。それと同じようにべたべたしている状態と言うのは、ごみを付きやすくします。ゴミばかりではなく細かい臭いの分子もこのベタベタによくくっつきます。ですから少しでも髪の毛をサラサラな状態にしておくと、臭い分子も付着しにくい環境をつくることができるのです。また皮脂や汚れが無い方が髪の毛が雑菌に対して抵抗力を持っているので、臭いの菌の繁殖を防ぐこともできます。焼肉を食べに行く前には、シャンプーをして髪の状態を整えてから行くとよいですね。もちろん帰宅後もシャンプーをして、すばやく臭いを落としておくのがベストです。またシャンプーが終わったら、髪の毛をコーティングする役割のあるヘアケア剤やスプレーをしておくと、さらに臭いを付着さないバリアの効果が期待できますね。お出かけ前のオシャレにもなり、一石二鳥でしょう。
髪の毛の臭いを取るときには、風に当てて臭いの分子を飛ばしてしまう方法や、ウエットティッシュなどで濡らしてたたき、臭いの分子をはぎ取ってしまう方法がありますが、ブラッシングをする事でも、臭いの分子を剥がして飛ばしてしまう効果があります。おそらくほとんどの女性が出かける時にはブラシや櫛を一つぐらいはカバンに入れて持ち歩いていると思います。焼肉などに行った時には、時々化粧室などで髪をブラッシングしたり、梳かすだけでも臭いを飛ばすことができます。ですが、この方法ので効果があるのは、日頃から手入れをされている髪の毛に限ります。なぜかと言うと、 キューティクルがきちんと閉じている健康な髪の毛なら、ブラッシングをする事でその表面についている臭いの分子を落とすことができますが、キューティクルがもとからはがれている状態のダメージケアであれば、はがれた所にも臭いの分子が吸着してしまいやすくなっているので、ブラッシングでは簡単に落ちないかもしれません。つまりダメージケアはもともと臭いが付着しやすい状態にある、と言う事です。髪を健康的に保つことは、髪の毛がキレイに見えるだけではなくて、宇都宮 美容室臭いに対しても必要だ、と言う事ですね。日頃からトリートメントなどのケアをしっかりと習慣づけましょう。