臭いに関するヘアトラブル

どうして髪の毛に臭いがつくのか

臭いと言うのは生活しているとどうしても発生するものですし、仕方のないものではあるのですが、嫌な臭い、というものは生理的に人を不快にさせてしまう物ですよね。匂いそのものに問題があるのですから、その匂いのする人が決して悪い人ではないのですが、どうしても自分の嗅覚が受け付けない臭いがあると、その人がどんなに良い人であろうとも、少し距離を置きたくなってしまう物です。ですから不快な匂いをさせない事は一般的には「エチケット」として意識しておかなくてはならない事ですよね。そもそも匂いと言うのはどういう仕組みで発生するのか、と言うと、臭いの元は「分子」で、その分子が空気中で何度も弾けていく事で発生するようです。弾けていくうちにどんどん小さくなって、最終的には其の分子は消えてしまう、つまりその時点で臭いが消えます。そして人の髪の毛には表面に小さな穴がたくさん開いています。その小さな穴に匂い分子が吸収されてしまうんですね。髪の毛ってとても細いですが、実は髪の毛全体の表面積と言うのは、髪の本数があまりにも多いために、平面として考えるとかなりの広さなのです。そしてその広い面にある無数の穴が、匂い分子を窮する、と考えると、それはかなりの分子が集まる、と考えられます。つまりそれだけの臭いを髪が集めてしまっているのです。
髪の毛というのは、自分の体質とかケアの仕方が悪くてトラブルを招いていてしまう事も有りますが、自分が思ってもいないようなヘアトラブルに巻き込まれる事も有ります。その代表的なものが「匂いがついてしまう」と言う事ではないでしょうか。そしてさらにその代表的なのが「タバコの臭い」と「焼肉や揚げ物などの食べ物の臭い」だと思います。タバコに関しては、「自分は全く吸わないのに、飲み会の席や公共機関の乗り物などで着いてしまう、と言う事が殆どなので、本当吸わない人にとって苦痛な事だと思いますね。食べ物に関しては、自分も焼肉を食べて楽し入んだりしている訳ですから、仕方がない、とも言えますが、例えば焼肉を食べた後で、電車やバスで帰宅する時には、隣の席になった人に、いかにも焼肉を食べてきました、と言う匂いをさせるのもばつが悪いですし、さらにたばこのにおいと混じっていたりしたら、決して良いに香りではないですから、不快な思いをさせてしまう事になりかねません。特に夏場であると、東川口 美容室湿度が高かったり、そもそも汗ばんでいたり、とさらに色々な匂いが入り混じって、とても嫌ですよね。こういう匂いトラブルから自分の髪の毛を守る事は出来るのでしょうか。また臭いが着いてしまってからの対処法についても知っておくと便利かもしれません。

 

花王
http://www.kao.com/jp/